特商法の持つ役割を理解する必要性

インターネットの普及に伴い起きる弊害とは

最近ではインターネットが普及し、わざわざ店に行かずにほしい商品を購入できるようになりました。
しかし、対面販売ではなく不正行為をされやすくなり、消費者トラブルが増えるなど弊害が多くなるなど問題点も多いです。

このため、通販サイトを利用するときは事前に調査をしてから選ばないと偽物の商品を受け取ることになり、支払った代金をだまし取られるリスクがあります。
インターネットはパソコンやスマホを使うと場所を選ばずにアクセスできますが、詐欺の被害にあうリスクもあり利用を避ける人が多いです。
このため、販売する側はチャンスロスになり、消費者庁は消費者トラブルが起きないようにガイドラインを設定しています。

特商法で定められた内容をきちんと理解しよう

特商法は安心して商取引ができるようにルールを定め、販売者の名前や所在地、連絡先だけでなく返品や交換に関する流れを詳しく説明することを義務付けています。
このため、不正行為をされるリスクをなくすことで誰でも手軽に利用できる環境を作り、インターネット上での取引をしやすくなっていることが特徴です。

対象になる取引は通信販売のほか訪問販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引、特定継続的役務提供、業務提供誘引販売取引、訪問購入の7つのパターンがあり、行う前に確かめる必要があります。

特商法は公正な取引を行うことを目的として定められ、違反をすると罰則規定があり処罰されるため注意が必要です。ネット副業でネットショップの運営やせどりなどの転売ビジネスをするためには安心して取引ができる環境を作り、利用者に信用されるようにしないといけません。

どのようなことが禁止されているのか?

特商法は公正な取引を行うことを目的としているため、誇大広告などの不正行為は禁止されています。また、住所はきちんと特定できるように表記し、連絡先は固定電話番号やメールアドレスをきちんと明記することが必要です。
誇大広告は利用者を増やすためにする傾向がありますが、商品を受け取ってイメージとは違うため失望させると悪評を流されて逆効果になります。

また、消費者トラブルを防ぐため返品や交換に対応できる状況にする必要があり、方法や期限などを明記することが大事です。クーリング・オフは商品を購入してある程度の期間内であれば返品ができ、消費者トラブルを防げます。また、定期購入サービスを提供するときは利用者の意思に反して勝手に契約して代金を請求する行為は禁止され、お互いに確認してからすることが重要です。